引越し業者 選び方

引越し先にしたく無い場所の特徴

 

引越し先にしたくない土地は?で多く出る特徴をまとめました

 

近くにスーパーがないなどの田舎すぎるところ。

 

犬をかっているため、自然がなさすぎるコンクリートだらけのところも住みたくありません。

 

周りの住人がせかせか焦っているような地域は、今後子供を育てる上でも遠慮したい。

 

同年代の方達と交流を持ちたいので、同年代の方達が多いところがいいです。

 

子供にとって育ちやすい環境(公園や学校、児童会館などがすぐ近くにある)でなければ住むのをためらいます。

 

程よく生活しやすく、かと言って都会すぎないところで住みたいと思います。

 

引越し先にしたく無い場所の特徴

 

住みたくないと思うのは、住民が誇りを持てないような、意識の低そうな町ですね。

 

例えば、そこに住むうえで周囲の繋がりに無関心で、ゴミ出しなどの簡単な約束も守れない人が多いような場所は嫌です。

 

でも、そういった人はどこにでもいるものなんですよね。

 

だから、できれば私は自分の住む場所に誇りとか魅力を感じながら生活できるような場所が好きです。

 

そういった意識がないと、やはり町としては魅力も見いだせないし、共感や協働といった活動もなく、生活していてもつまらない場所になってしまうと思います。

 

 

女性が安全に住めない町。

 

ひったくりや空き巣などの被害が多い町には住みたくない。

 

防犯の面でお金をかけることは嫌です。

 

一人で行動することが好きな私には街灯が少ないところ、路地の狭いところ、飲み屋さんばかりある通りなどの

 

場所を自分がどれだけ通らないといけないかといったところを気にします。

 

そして道路にたばこの吸い殻が多く落ちていると治安よくないのかなと心配になります。

 

女性が住むときに調べておかなければいけないことが多いです。

 

 

引越し先にしたく無い場所の特徴

 

ビルがありすぎるところには住みたくないです。

 

高層マンションとか高層ビルの間とかのビル風が強かったり、車の音がうるさかったりするのがあまり好きではないので。

 

名古屋駅周辺は今、工事とかしていて、授業中にも結構音が聞こえてくるので実習中はあんまり講師の方の話が聞こえなかったりするので、迷惑だなぁと思ったりしています。

 

あと、ゴミとかが道に落ちてたり、たばこの吸い殻とか公園に落ちてたりしてせっかく綺麗なところなのにそういうところを見るとがっかりするので住みたくないなと思います。